ブログトップ

Let's enjoy baseball

inverde.exblog.jp

凡戦

17日、新人大会2回戦。
VS ペガサス。

P|0|1|0|0|0|2|3
A|0|0|1|0|0|1|2
(6回時間切れ)

《戦況》
1回裏、ノーアウト2・3塁のチャンスを迎え、3番たくろう。
2ストライクからファールで粘り9球目。捉えた打球が惜しくもセンター正面のライナー。。
フライ・ライナーバックの指示が出ていたが、3塁ランナーかずひろが飛び出してしまい、タッチアップ出来ず…3塁ベースに戻り釘付けかと思いきや、ここで送球を焦ったセンターからのボールが逸れ、かずひろが再スタート。ホームインで1点先制と誰もが思った瞬間、相手チームが3塁ベースタッチに対してアピール。
ここで、あろうことか3塁塁審がアウトのコール!?

3塁ベースの脇にいた高山コーチによれば、確かに飛び出したけれども、センターが捕球した後、すぐに戻りベースの上に乗っていたとのこと。(その後送球が逸れたのを見てからスタートした)

八木監督必死の抗議も疑惑の判定は覆らず、ツーアウト3塁からゲーム再開。

続く4番こうへいに期待がかかったが、あえなく三振に倒れ、この回無得点。。

直後の2回表、先頭がライト線を破るツーベース。送りバントでワンアウト3塁から、サード前に難しいバウンドのゴロ。これをゆうとが捌くことが出来ず(記録は内野安打)逆に1点を先制される。。

3回裏、ワンアウトから相手エラーで出塁したかずひろが、二盗・三盗し、ゆうとの内野ゴロの間にホームに還り同点!

4回5回と膠着状態が続き迎えた6回表、この回からかずひろに継投。
が、これが大誤算。。
先頭をフォアボールで歩かせ、盗塁・送りバントでワンアウト3塁。ここで痛恨のワイルドピッチ。勝ち越しを許す。
更にフォアボールを与えたところで、ともきにスイッチ。
しかし、ともきも似たり寄ったりでストレートのフォアボール。その後2・3塁となり、次打者はツーストライクからワンバウンドになる投球を振り、三振振り逃げ。
キャッチャーしゅんすけが1塁へ送球する間に3塁ランナーがホームインで1-3。

時間の関係で最終回となる6回裏。
先頭かずひろがデッドボールで出塁。盗塁、内野ゴロ2本で1点を取るのが精一杯。2-3で試合終了。。

《戦評》
うーん、負ける時はこんなもんでしょうか!?

確かに初回の誤審により流れが変わったという部分もありましたが、打てませんでしたね。。
1安打では勝てません(相手もたった2安打ですが…)
しかも18アウトのうち11が内野ゴロ。
抑え込まれたというより、打ちあぐねた感じです。
昨年もそうでしたが、Aチームとして活動している5年生は、6年生の投げるスピードに慣れており、緩いボールになるとどうもタイミングが合わず、凡打を重ねるという傾向があります。

こういう試合展開の時こそ、少ないチャンスをそつのない走塁などで確実にものにしなければいけなかったんですが、初回の問題のプレーも、3塁にいたかずひろがライナー性の当たりで飛び出してしまったことに起因します。

まだまだ練習が必要です。。
[PR]
by in-verde | 2012-09-19 10:32
<< なかなかいい試合 秋季大会本戦進出! >>