ブログトップ

Let's enjoy baseball

inverde.exblog.jp

総理辞任!!

昨日、福田総理が辞任を表明。。
f0162954_10554142.jpg

TVでテロップが流れた時は「えぇ-------!?」って感じでしたが、記者会見を見ながら自分なりに分析してみました。

結論としては、福田康夫個人と自由民主党とのお互いの利害が一致した結果だということであろう。。

まず、福田康夫個人としては・・・
この人はこれまで特に総理大臣をやりたいなどと思ったことも無く政治活動を行ってきた。しかも選挙が嫌いで、有権者に頭を下げるなんて真っ平というくらいプライドが高い!!
それが昨年9月、安倍総理突然の辞任により、麻生太郎に行きかけた流れを、麻生嫌いの勢力による巻き返しとして、一夜にして担ぎ上げられたのである。
つまり、福田さんにしてみれば「あなた方がそろってそう言うのなら仕方がない」といったスタンスで総理大臣に就任したのである。。
そんなスタンスで総理になったのだから、求心力低下による最近の情勢(臨時国会召集日や定率減税など)から、辞め時を探していたというところだろう。。

そして、自由民主党。
最近の世論調査では民主党に負けている現状。。一向に支持率の上がらない福田内閣。このままでは次の総選挙でいよいよ野党に転落するかもしれないという強迫観念。何かカンフル剤を探していた矢先、辞め時を探し始めた福田総理。
このような流れ(総理辞任)になったのは至極当然の話である。。

さて、これからのシナリオ。(勝手な予測です)
昨日は奇しくも民主党小沢代表の三選出馬表明の日。既に無投票は規定路線。。
対して自民党は、同じ期間に華々しく総裁選!(おそらく投開票は民主党と同じ21日)
麻生太郎、谷垣禎一、小池百合子、石原伸晃の4名で政策論争!!
これによって、自民党は開かれた政党だということをアピール!!
石原伸晃善戦も国民的人気のある麻生太郎に決着。首班指名選挙を経て組閣。ご祝儀相場の高支持率のうちに解散!!!

これしか自民党が選挙で勝てるシナリオはないのです。。
(勝てるといっても過半数を超えるという意味で、現状の2/3の議席数は手放すことになります)
しかし、自民党にとって次の総選挙で過半数を得るということが重要で、自公で過半数を得る。つまり、最大のチャンスでありながらも民主党は政権交代が叶わなかったとなると、ポロポロと民主党の中から飛び出してくる議員がいるということです!
ねじれといっても、参議院からあと13人が寝返るあるいは飛び出せば、ねじれは解消するので、自民党はその一点を狙っているのです!

以上が勝手な予測です。。この1ヶ月くらいは目が離せませんね!!
[PR]
by in-verde | 2008-09-02 10:56 | 独り言
<< 樹の木Ⅲ現場レポ2 星野JAPAN >>