「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Let's enjoy baseball

inverde.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

B チーム、ベスト8進出!!

21日、春季大会B リーグ。
VS FTJ

F|0|0|1|3| |4
A|1|5|3|X| |9
(4回時間切れ)

《戦況》
初回、先発ゆうと、高瀬グラウンドの高いマウンドで、踏み出した足が滑るのか、制球が定まらず三連続フォアボールでいきなりノーアウト満塁の大ピンチ(T-T)
しかし、ここで開き直ったゆうと。相手4番バッターをショートゴロで本塁フォースアウト。5番をセカンドインフィールドフライでツーアウト。そして、6番バッターをファーストゴロに打ち取り、なんとこの絶対絶命のピンチを無失点で切り抜ける!!

その裏、打ってもトップバッターのゆうとがデッドボールで出塁。盗塁で二塁に進み、次の投球がワンバウンドする間に三塁に向かってスタート!キャッチャーもすぐにボールを処理して三塁送球。しかしこの送球が逸れ更にカバーに入ったレフトも後逸し、ゆうとホームインで労せず1点を先制!!

二回裏、二連続フォアボールに盗塁を絡め、ノーアウト二・三塁。ここでこうへいが値千金のセンター左へのタイムリー2点ヒット!!一死後ようしゅんがセンター前ヒットで続く。その後ツーアウト二・三塁となり、相手守備が乱れ、タイムリーエラーで3点目。フォアボールを挟みともきの内野安打で更に2点を追加し、この回5点のビッグイニング!

三回表、1点を返され6-1。

三回裏、こうへいのこの日2本目のヒット、フォアボール・デッドボールでツーアウト満塁。
ここでたくろうがサード前にボテボテのゴロ。一塁へ気迫のヘッドスライディングで内野安打!!この間に二者が還り8-1。更にボークで1点を加え9-1。。

4回からピッチャーしゅんすけにスイッチ。しかし、ゆうと同様制球が定まらず6四死球で3点を献上。

その裏の攻撃に入った所で時間切れ。結果、9-4で勝利!ベスト8進出!!

《解説》
今回は9点入ってますが、守り勝ちでした。
初回のノーアウト満塁のピンチを無失点に切り抜けたのも大きかったし、二回もワンアウト三塁からサードゴロ。一塁送球の間に三塁ランナーがホームに突っ込んだところをファーストたいじが落ち着いて本塁送球でタッチアウト!ゲッツーとなり、同点のピンチを防ぎました。。
立ち上がり、相手に傾きかけた流れを、守りでしっかりとこちらに引き寄せ、最後まで試合の主導権を渡さなかったことが勝因と言えるでしょう。

次は準々決勝!今回不安の残ったピッチングスタッフを修正してウイングスとの大一番に臨みたいと思います。。
[PR]
by in-verde | 2012-04-22 07:20

2戦目の壁…

15日、春季大会A リーグ三回戦。
VS 高郷

A|0|0|1|0|1|0| |2
S|1|0|1|0|0|1| |3
(6回時間切れ)

《戦況》
初回、ツーアウトからそうたセンター前、まさき右中間エンタイトルツーベースで二・三塁のチャンスを作るも、ともみショートゴロで惜しくも無得点。

その裏、先頭バッターにヒットで出塁を許し、盗塁・ワイルドピッチで三塁まで進まれ、次のバッターのショートゴロの間に生還され、早ばやと1点を先制される。

0-1で迎えた三回表、内野安打で出たゆうすけを二塁に置いて、そうたが期待に応えセンターオーバーのツーベースで同点!!

しかしその裏、ツーアウトから内野安打でランナー一塁。ここでまさきの絶妙な牽制球で刺した!と思った瞬間、なんと「ボーク」の判定。。
ランナーが二塁に進み、続くバッターが三遊間へのゴロ。かずひろがさばくも一塁セーフ!
その間に二塁ランナーが三塁を回って本塁突入!ファーストひでなりがバックホーム!
がっ!しっかりボールを握れておらず、これが暴投となり勝ち越しを許す。。

1-2で迎えた五回表、最大のチャンスがやってくる。
相手二番手のピッチャーの乱調につけこみノーアウト二・三塁。ここでバッターはゆうすけ。
ワンボールからの二球目をセーフティスクイズ!
ボールは一塁線を転がり、マウンドからかけ降りてきたピッチャーが処理。。一塁へ送球。するとこの間に二塁ランナーかずひろが猛然と本塁へ!!ファーストからボールが帰ってきて本塁クロスプレー!見事なよけスラで逆転かと思われたが、審判の判定はベースタッチをしていないとのこと。。結局アウトとなってしまいダブルプレー!この回同点止まり…

時間の関係で最終回となった六回、ツーアウトからともみがフォアボールで出塁するも後続が続かずこの回0点。。

その裏、前の回からマウンドに登ったともみが、先頭バッターをフォアボールで歩かせてしまい、ノーアウト一塁。ワイルドピッチで二塁に進まれる。。続くバッターにレフト前ヒットを打たれ、ノーアウト一・三塁となり絶対絶命の大ピンチ。。
ここで相手もやってきました!スクイズ!!
キャッチャー前に跳ね上がったボールをしゅんすけが捕りに行く。振り向きざま走ってきたランナーにタッチ!タイミングは微妙だったが、主審は「セーフ!」のコール。。これが決勝点となり、サヨナラ負け…

《解説》
試合後の夜、八木監督としんみりと反省会を行いました。。

今回の敗戦のポイントは2つ。
まずは初回、ヒットで出たそうたをスコアリングポジションに進めておかなかったこと。つまり、盗塁の勝負をかけるべきでありました。。
次のまさきが右中間を破るヒットを放ったにも関わらず、エンタイトルツーベースになってしまい、結局そうたは三塁止まり…
ここで先制が出来ていたら、この試合の展開も変わっていたのではないでしょうか!?
立ち上がりだったこともあり、ちょっと大事に行き過ぎた感がありました。。

そしてもう一つは五回の攻撃。
相手ピッチャーの連続フォアボールでもらったノーアウト二・三塁のチャンス。
この場面でバッターのゆうすけに出たサインは「セーフティバント」で「スクイズ」ではなかったのです。。

実はこの時、ベンチと子供たちとの間でプレーに対する考えの微妙なズレが生じていたのです。。

ベンチは自分も生きようとするバントをしてチャンスを更に広げたいとの思惑でセーフティバントの作戦を立てたのですが、ゆうすけは確実に転がすことを自分の中で選択し、実際そのようなバントをしました。

そしてセカンドランナーのかずひろ。先日のミーティングで次の塁を果敢に狙う意識を持てと話しました。実際その通りの走塁をしたわけです。「好走暴走紙一重」と言うように正にギリギリのプレーでした。

しかし、野球の難しい所は、点差やイニング、アウトカウントなどによって状況が違うということです。

今回の状況は…
①1点ビハインド
②相手ピッチャーがストライクをとるのに汲々としていた
③アウトカウントはノーアウト
この状況の場合、絶対にセーフになるという確信が持てない限りは、突っ込んではいけない場面でした。
ワンアウト三塁の形が残るのとツーアウトランナー無しになってしまうのとでは、天と地ほどの違いがあるのです。

しかし、その瞬間自分で考え、積極的なプレーをした子供たちを責めることはできません。。
そういったプレーや作戦の意味をキチンと伝えきれなかったベンチに責任があり、ひいては日々の練習での指導に舌足らずの部分があったということでしょう。。

今回の悔しい敗戦からは、色々学ぶことが出来ました。。
これらを糧に夏の大会での飛躍を目指して頑張ります。。

21日は春季大会B リーグ二回戦。高瀬グラウンド第三試合です。。
[PR]
by in-verde | 2012-04-16 06:28 | チームのこと

A チームも初戦突破!!

8日、春季大会A リーグ。
VS ベアーズ。

A|3|0|0|2|1|1| |7
B|0|0|2|0|0|1| |3
(6回時間切れ)

《戦況》
初回ノーアウト二・三塁のチャンスを作るも3番そうた4番まさきが凡退。嫌な雰囲気が漂いだしたところで5番ともみがしぶとくセンター前にタイムリーで1点を先制。ツーアウト一・三塁からダブルスチール、たくろうのタイムリーで更に2点を加え、この回3点。

その裏、ワンアウト満塁と攻め立てられるも、難しいバウンドのピッチャーゴロを先発まさきが上手く処理して本塁ホースアウト。続くバッターを見逃し三振に斬ってとりピンチを脱出。

三回裏、ワンアウト満塁からセカンドゴロ、ゲッツー崩れの間にセカンドランナーまで生還を許してしまい2点を返され1点差。。

続く四回表、先頭のゆうとがツーベース。りゅうとが送ってワンアウト三塁からかずひろがピッチャーの頭を越えセンターへゴロで抜けるタイムリーヒット!
ツーアウト二塁からまさきが高~いセンターへの飛球。風に影響されたか、センターが捕れず(記録はツーベース)この回2点を追加し突き放す。。

五回にはりゅうとのタイムリー内野安打で1点、六回にもともみの犠牲フライでダメ押し。。

投げては、先発まさきが多少制球に難あるものの要所を抑え、四回2失点の好投。
五回からリリーフのともみが2イニングを1点に抑え快勝\(^o^)/

この試合、初回の攻防が全てでした。チャンスを潰しかけたところで、ともみがタイムリーを放ってくれたのが非常に大きく、試合の主導権を握ることが出来ました。

これで、皆「いける!」と気持ちも盛り上がり、終わってみれば12安打7得点!目立ったエラーもなく引き締まった試合をしてくれました。今年のこれまでのベストゲームと言っていいでしょう(^o^)

さあ、次は高郷!C チームの時の敗けの借りを返そうぜ!!

15日KSG グラウンド第一試合です。
[PR]
by in-verde | 2012-04-09 06:32

B チーム初戦突破!!

7日、春季大会B リーグ。
VS タイガース

A|7|4|5| |16
T|1|3|0| | 4
(3回コールド)

《戦況》
初回から相手エラーやフォアボールでチャンスをもらい、しゅんすけ・たくろうなどのタイムリーも出て、大量得点!!その後も同じような展開で毎回得点の16点。

先発のしゅんすけはピリッとしなかったものの、2イニングをなんとか4点に抑え、3回からゆうとにスイッチ。
ゆうと、無難に三者凡退に抑え16-4。規定により三回コールドでとりあえず初戦を突破。。

次の相手は、同じようにコールドで勝ち上がったFTJ 。
力量は同じくらいか相手の方が少し上か!?
いずれにしても、厳しい戦いになることは必至でしょう(^_^;)

さあ、明日はA リーグの緒戦。豊富B 面第二試合(11:30開始予定)です。。
[PR]
by in-verde | 2012-04-07 23:07 | チームのこと

A ・B 連敗

1日。ラークスと練習試合。。
まずはB 戦

L|1|0|0|0|0|0|1| |2
A|0|0|0|0|0|0|0| |0
《戦況》
相手チームが繰り出した4人のピッチャーに完全に抑え込まれる。散発2安打。
しかし、投げる方はしゅんすけ・ゆうと・かずひろで被安打6、与えたフォアボールが2つと、それなりに引き締まった試合は展開できたか…

二回の守りの時、三遊間へのゴロ。ショートのかずひろが「サードが捕るだろう」と思ったのか、呆然と打球を見ている。。結局サードゆうとは追いつかず、それを見て慌てて打球を追いかけるかずひろ。当然追いつく筈もなく打球はレフトへ転々…
現役時代、ショートをやっていた者からすると、とても許すことができないプレーで、回が終わり戻ってきたかずひろにはデコピンのお仕置きが待っていたのでした(-_-;)

続きを読む
[PR]
by in-verde | 2012-04-02 06:44