ブログトップ

Let's enjoy baseball

inverde.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Bチーム教育リーグ2勝目!

30日、教育リーグ(B)
VS グリーンファイター

G|1|0|0|0|4| |5
A|0|0|0|7|X| |7
(5回時間切れ)

《戦況》
仕事でお休みの八木監督の代行として指揮を執らせてもらいました。

初回、先発かずひろが先頭バッターをサードゴロに打ち取るも、ファーストゆうとが送球(ワンバウンド)を捕れず1塁に生かす。。
盗塁、フォアボール、ワイルドピッチ、フォアボールでいきなりノーアウト満塁のピンチ。
ここで4番にライト前にしぶとく落とされ、1点を先制される。
続くバッターはショートフライに打ち取りワンアウト満塁。
まだまだ続くピンチ、ここで6番バッターはおあつらえむきのピッチャーゴロ。1-2-3のダブルプレーで、この回なんとか最少失点の1点で切り抜ける。

その裏、トップバッターかずひろがフォアボールで出塁。2番ゆうともデッドボールで続き、更に(結果として)重盗でノーアウト2・3塁。
3番たくろうはピッチャーゴロに倒れ、ワンアウト2・3塁に変わる。

ここは早目に最低でも同点に追い付いておきたい場面。
4番しゅんすけに対してベンチからのサインは「叩き」
しかし、次の投球の瞬間、3塁ランナーかずひろはスタートを切らず…更にしゅんすけはピッチャー前に「バント」(*_*)
相手ピッチャーが難なく処理し、1塁フォースアウト。更にかずひろはピッチャーの送球を見て慌ててホームに突っ込むが、ファーストからバックホームされタッチアウト!!最悪のダブルプレー(T-T)

すぐさま、当事者2人にどういう事か問い質してみると…

しゅんすけはスクイズと勘違い、かずひろはサインがよくわからなかったと…
(試合前に改めてサインの確認をしたにもかかわらず…)

とにかく絶好のチャンスを潰す。。

2回にもワンアウト1・3塁というチャンスを迎えながら、まずい走塁等で点が奪えず、0-1のまま迎えた4回の裏。

この回先頭のたくろうが右中間をゴロで破るスリーベースで出塁。
しゅんすけ打席の時に、相手ピッチャーワイルドピッチで、労せずして同点!
ここから3連続フォアボールでノーアウト満塁。

ここで打席に向かうこうへいに…
「スクイズあるぞ」と耳打ち
こうへい「えぇ~」と不満気
自分「おっ、なに?打ちたいの?」
大きくうなずくこうへい。
自分「よし、じゃあ打て!(なにも出さないけど)でも一応サインは見ろよ」

そしてワンボールからの2球目。見事センター前ヒット!!で逆転!
その後、押し出しやワイルドピッチ、ゆうとの内野安打等でこの回一挙7点のビッグイニング!

5回からはピッチャーしゅんすけにスイッチ。
しかしピリッとせず、自らのエラー等で3点を献上。
ツーアウト1・3塁となったところで、たくろうを投入。1点は取られたものの、最後のバッターを三振に打ち取り、(この時点でほぼ規程の90分)なんとか7-5で逃げ切り。

《戦評》
まぁ、勝つには勝ったけど…という試合でした。。
こうへいがあの場面でよく打ってくれました。

が、試合後はお説教でした。
特に初回の攻撃について。。

普段一緒には活動をしていない4年生もいることから、試合前に改めてサインの確認をしたにもかかわらず、間違えたしゅんすけ。
サインがわからない(半信半疑の)ままプレーに入ってしまったかずひろ。

Aチームでも主力として一桁の背番号を背負ってる2人がこれでは困ります(-_-;)

何はともあれ、これで教育リーグ無傷の2連勝!残り4試合の戦い方如何によっては、秋の決勝大会に駒を進める事ができるので、引き続き頑張ります!!
[PR]
by in-verde | 2012-06-30 22:07

苦節○年

24日、習志野台連盟リーグ戦。
VS ワンパクズ。

学童春季大会準優勝、署長杯優勝チームとの対戦。。
これまで歴代のチームが散々辛酸を舐めさせられた相手。。(Aチームとしてはここ数年勝った事がありません)

試合前、応援席との会話。

キャプテン母「今日は勝てるかなぁ??」

自分「今日は勝てるよ。。。。まさき次第だけどな…」(側にいたまさき祖父をチラリ( →_→))

まさき祖父「そんな、俺の事をギロッと見ないでよぉ~、プレッシャーかかっちゃうじゃん。。。」

などと軽口をたたきながら試合開始。

初回、先頭バッター、ツーストライクと追い込むも、ファールで粘られ結局フォアボール。。(先頭を出してしまいました)
定石通り盗塁、続くバッター、跳ね上がったピッチャーゴロでランナーは3塁へ。ワンアウト3塁でクリーンアップを迎える。。
3番バッター、痛烈なピッチャーゴロ!まさき、はたき落とす!3塁ランナーはスタート!まさき、落ち着いて処理し、バックホーム!本塁寸前でタッチアウト!!
ツーアウト1塁に変わり、4番バッター。これを三振に斬って取り、無失点で切り抜ける。

その裏、先頭ゆうすけはレフトフライに倒れたものの、2番よしのぶがフォアボールで出塁。盗塁を決めて、ワンアウト2塁。
3番そうたは三遊間寄りのショートゴロ。これが相手ショートの悪送球を誘い、よしのぶがホームイン!
続く4番まさき、左中間を深々と破るスリーベースで2点目。
後続は続くチャンスをいかせなかったものの、2点を先制!

2回表、またまた先頭をデッドボールで出し、送りバントとワイルドピッチ2つで1点を献上。。しかしながら、後続を二者連続三振に斬って取り、流れは渡さない。

3回裏、ワンアウトからよしのぶ・そうたが連打。まさきの打席の時に、ワイルドピッチ。しかし、1塁ランナーのそうたは何故か動かず…ワンアウト1・3塁に。
(しかし、このボーンヘッドが逆に幸運をもたらす)
次の投球でそうたスチール。キャッチャーからの2塁送球が暴投となり、3塁ランナーよしのぶがホームインで3点目。。

4回表、ファーストともみのエラーからノーアウト1・3塁のピンチを迎える。ここで、1塁ランナーがスタート、バッターはヒッティング(ランエンドヒットの形)
ミートされた打球はセンターに抜けようかという当たり!しかし、1塁ランナーがスタートを切っていたため、セカンドベースカバーに入ろうとしていたたくろうの真っ正面!たくろうが打球をダイレクトでキャッチし、1塁へ送球してダブルプレー!続くバッターも三振に打ち取り、この回もピンチを切り抜ける。

5回裏、この回先頭のゆうすけがフォアボールで出塁。盗塁後、よしのぶがライトオーバーのツーベース。ゆうすけが還り4点目。

学童の大会では、ここでまさきは交代だが、習連ではピッチャーのイニング制限の規程が無いため、監督が本人に確認。

監督「代わるか?」
まさき「まだ行けます…」

ということで、続投。。

6回表、三者凡退。
4-1のまま迎えた最終回。
先頭バッターをレフトフライに打ち取ったものの、さすがに疲れたか、ここから3連続フォアボールで、ワンアウト満塁、一打同点あるいは逆転のピンチ。
しかし、ここから気合いが入り、続く2番バッターを三振、3番をピッチャーゴロに打ち取り勝利!!!

W|0|1|0|0|0|0|0| |1
A |2|0|1|0|1|0|X| |4

《戦評》
この試合はなんと言ってもまさきの力投です。
終わってみればノーヒットに抑え、奪った三振、与えた四死球が共に8という見事なピッチングでした(2回のワイルドピッチが無かったらノーヒットノーランだったのに…)

実はまさき、増田コーチ(まさきの伯父さん)からでっかい「ニンジン」をぶら下げられています。
プロレス好きのまさき、ワンパクズ戦とファルコンズ戦に勝ったら新日本&全日本の40周年記念イベント(7月1日)に連れて行ってもらえる(しかも特別リングサイド席)そうです。
どうも目の色を変えてやるはずです(^_^;)
取り敢えずその神通力は7月1日までは使えるかと…(笑)

打線は5安打と今一つ?といった感じで、クリーンアップまではまずまずでしたが、下位が全くダメでした…(まぁ、そういう日もあります)

それはそれとして、ワンパクズに(Aチームが)勝ったのは何年振りなんでしょうか!?(この子達はCチーム時代に1回勝ってますが…)

八木監督も8年(監督として5年)やってて、初勝利だそうです(^_^;)

当然というか、試合後はコーチ陣・子供達・母達で大祝勝会を行わせてもらいました(^〇^)
(日付が変わり宵の口まで…)

しかし、有頂天になるのもこの日限り。次週は夏の選手権1回戦です。
つまらないエラーやエンドランで打ち上げてしまうなど、課題が無かったわけではありません。気を引き締めて、選手権に臨みましょう!!

次週
30日
Bチーム教育リーグ
VS グリーンファイター(斉藤G)
1日
学童夏季大会(選手権)
VS ファルコンズ(高瀬G)
習志野台連盟リーグ戦(最終戦)
VS スターズ(薬円台G)
[PR]
by in-verde | 2012-06-25 06:59

屈辱的な大惨敗

17日、JSC リーグ。
VS スワローズ。

S|2|4|9| |15
A|0|0|1| | 1
(3回コールド)

見るも無惨な敗戦でした。。

初回、あれだけ先頭バッターを…と言っているにもかかわらずデッドボールで出塁を許す。盗塁でノーアウト2塁。
2番バッターを三振に打ち取るものの、次のバッターの時にしゅんすけパスボール(記録はワイルドピッチになってますが)で、労せず相手を3塁まで進めてしまう。。
ここで、相手のセーフティスクイズ気味のバントがファースト前へ。あろうことか、これをよしのぶが弾き、オールセーフ。。
更に盗塁でワンアウト2塁。
次のバッターのショートへのゴロが、不運にもイレギュラーし、センターへ抜ける間に2塁ランナーがホームイン。
後続はなんとか抑えこの回2点。

2回。先頭にレフトオーバーのツーベースを打たれ、続くバッターは送りバントでワンアウト3塁。
ここで、初回と同じくセーフティスクイズ気味にバント。よしのぶがボールを処理した瞬間、3塁ランナーが止まり3塁に戻りかける。よしのぶ3塁に送球。しめた!と思った瞬間、なんとサードひでなりがキャッチ出来ず、ランナーはホームイン、バッターランナーも2塁まで進む。。
続くバッターは送りバント。これがピッチャー左に強めの当たり。まさきが処理して三塁へ!と思いきや、サードひでなりも打球につられて出てきてしまい、ベースはガラ空き…まさき、振り向きざま一塁へ送球もこれが大暴投(-_-;)2塁ランナーホームインでバッターランナーも2塁へ。更にワイルドピッチで3塁まで進まれ、続くバッターがサードへの強めのゴロ。もう完全に浮き足立ったかひでなりが弾き、この回3点目。。盗塁で2塁に進まれ、三盗も狙っている様子。
ここでまさきが絶妙のタイミングでセカンド牽制!ランナーを誘いだす。。しかしここでもセカンドベースに入ったともきがサードへ悪送球(- -;)で、結局この回4点を献上。。

この後は筆舌に尽くし難い惨状で惨敗。。

まぁ、ウチの悪い所が全部出たっ!て感じです。。
エラーがエラーの連鎖を呼び、悪い流れを断ちきれない…難しいプレーではないのに…

夏季大会まであと2週間。今回、膿を出しきったと考える事にして、やれることは全てやって大会を迎えよう!!

大会緒戦はファルコンズです。。
(その前に今週はスターズ戦・ワンパクズ戦の予定)
[PR]
by in-verde | 2012-06-18 06:43

習志野台連盟&署長杯

9日、雨で流れ。10日習志野台連盟リーグ戦。
VSイーストD
VSつばめ
のダブルヘッダー。。

E|3|0|0|0|0| | 3
A|0|3|1|8|X| |12
(5回コールド)

A|4|3|0|3|3| |13
T|1|2|0|0|1| | 4
(5回コールド)

習志野台連盟は2試合ともコールド勝ちでした。。

ところでこの日、東警察署長杯の決勝があり、支部役員&審判部として立ち会いに行って来ました。。

初回、ワンパクズが二死から3連続長打で2点を先制。
その裏、スワローズも1点を返す。

その後ワンパクズは小刻みに加点し、5-1で最終回を迎える。
スワローズもラッキーなヒットを足掛かりに粘りをみせ、3点を返し尚もツーアウト2塁で一打同点の形を作る。
しかしながら、続くバッター期待に応えられず内野フライを打ち上げてしまい万事休す。。

結局5-4でワンパクズが勝利し、この大会を制しました。

この試合、ワンパクズのピッチャーは低めにボールを集めていました。
やはり、バッターにとって低めは打ちづらいものなんです。。ましてや子供達ですから…
逆に、スワローズのピッチャーは球威はあるものの全体に高めに集まってしまっていたので、甘く入ったところを痛打され得点を取られたという感じです。。

やはり少年野球、球威はなくても低めへのコントロールさえ出来ればそうは打たれないということを実感した試合でした。。

その後、閉会式。
ベスト4のチームが、優勝・準優勝・三位ということで表彰。。
ウチもあと1つ勝っていたら、この場に居られたのになぁ…なんてことを思いながら参列してました。。

さあ、今週は16日VS ワンパクズ(習連)、17日VS スワローズ(JSC)。。
奇遇にも、決勝カードの両チームと連戦です(^_^;)
[PR]
by in-verde | 2012-06-11 06:19

一夜明けて…

昨日のボロ負け、大勝を経てYCリーグ2戦目。
VS大新ジャガース。

八千代市春季大会優勝チーム相手にどんな戦いが出来るか?胸を借りるつもりで敵地に乗り込みました。。

《戦況》
初回、先発まさき、三者凡退に抑える。
その裏、二死からそうたがライトオーバーのランニングホームランで1点先制!

2回表、ツーアウト2・3塁のピンチを迎えるも、後続を断ち無失点で切り抜ける。。
(ここ2試合は2回に崩れるケースが続いていたので、ホッと一安心。。)

その後、両チーム0行進が続き、迎えた4回裏。
先頭まさきがヒットで出塁。ともみも連打で続きノーアウト1・2塁。ひでなりが送って、よしのぶデッドボールでワンアウトフルベース。
ここで、8番しゅんすけが貴重な2点タイムリーヒット!!
続くチャンスはものに出来なかったものの3-0。

先発のまさきにとって最終イニング(規定で5イニングしか投げられないため)もきっちり三者凡退で抑え、なんと2回以外は全て三者凡退に抑える快投!!

その裏、たくろう・そうたでチャンスを作り、まさき自らレフトオーバーのスリーベースで2点を追加。
一死後、ひでなりのサードゴロの間にまさきが本塁突入。これが相手エラーを誘い、この回3点を追加して6-0。

6回からはたくろうが登板。味方のエラーからツーアウトながら2塁にランナーを背負う。
ここで相手3番バッターがレフト前ヒット!
2塁ランナーは3塁を蹴ってホームへ!
打球を処理したそうたが素早く返球。途中からサードに移ったひでなりが中継に入り、バックホーム!
キャッチャーしゅんすけがきっちりランナーにタッチして得点を許さず!!

ガッチリ流れを掴んだまま迎えた6回裏、ツーアウトからたくろうがフォアボールで出塁。続く3番そうたがここでも期待に応え、レフト線を破る長打!たくろうが長駆ホームまで還ってきて7点目。

この時点で規定によりコールドゲーム。。

J |0|0|0|0|0|0| |0
A|1|0|0|2|3|1| |7
(6回コールド)

《戦評》
まさかのコールド勝ちでした。
いいところが全部出た試合で、守りに関しては、一度も先頭バッターを出すことなく、ピンチを迎えても気迫で抑えました。特に6回の中継プレーは圧巻で、練習通りにきっちり出来た見事なプレーでした。

打つ方も、4回・5回に先頭が出て、きっちり得点に結び付け、初回・6回はツーアウトから得点を取るという、これ以上の展開はないと言っていいほど素晴らしいゲーム運び、昨日の試合前に言った(先頭バッターを出さない・出してしまった場合は全員で全力で守る!)ことをしっかり実践出来た試合でした。。

それでも、課題が無いわけではありません。
この試合で目についた所は、1・2塁間にゴロが転がった際のカバーリングです。どうもこの辺の連係が上手くいかなかったので、次週重点的に練習をしてみたいと思います。。

次はYCリーグ第3戦。VS ならしのフレンズです。(9日斉藤G )
[PR]
by in-verde | 2012-06-04 16:46 | チームのこと

話しにならん(`Δ´)

2日、JSC リーグ。
VS ファイターズ。

A|1|0|4|1| |6
F|0|7|5|X| |12

試合前に
①先頭バッターを絶対出さない
②もし出してしまったら全力で無失点に抑える
※攻撃の際はその逆
を徹底しました。。

先発まさき、初回は約束通り無難に抑えたものの、2回からは悪い癖?が…
先頭をフォアボールで歩かせるともうしっちゃかめっちゃか(-_-;)フォアボール連発で内野のエラーも絡み、この回持たずに降板。。

その後繰り出したともき・かずひろ・そうたも同様にフォアボールを連発し、4回時間切れ。。

終わってみれば被安打1・与四球16で12失点という有り様。。

これでは野球になりません。。もう情けなくて腹わたが煮えくりかえりました(-_-;)

監督も同様だったのか、試合後の子供達への講評も拒否。。「代わりにやっといて」と言われましたが、自分もとても冷静にいられる状態ではなく、「お前らと付き合うのはもうまっぴらだ!お前達だけで反省会をしろ!」と突き放しました…

「勝った時は子供達のお陰、負けた時は指導者の責任」は重々承知してるつもりでも、この負け方はあまりにもひどすぎました。。

昼食をはさみ、監督から「気持ちを切り替えて臨もう!」とハッパをかけられたYCリーグ。
VS 新井子ども会。

AT|3|0|1|4|5| |13
AK|0|0|0|0|0| | 0

1試合目に引き続きまさきが先発。
前の試合の後、監督から「気持ちの問題だ!」と気合いを入れられ、何か吹っ切れたのか、人が変わったようにビシビシストライクが決まり、4回を無失点。
打線も繋がり13-0でコールド勝ち。

こういう展開(序盤から大量リード)になると強いんですが、リードされたり競るとどうも…

この試合の勝ちははっきり言って全く評価していません。。明日のYC リーグ、大新ジャガース(八千代市春季優勝チーム)戦で真価が問われることでしょう!
[PR]
by in-verde | 2012-06-03 16:23 | チームのこと