「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Let's enjoy baseball

inverde.exblog.jp

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

リベンジならず…

29日その1、JSCリーグ。
VS アローズ。

T|1|0|1|5|1| |8
A|0|0|0|0|0| |0
(5回コールド)

この試合ノーコメント。。

その2、OP戦。
VS 高郷。
学童春季大会3回戦で負けた相手です。

S|2|0|1|0|1|1| |5
A|3|0|0|0|0|1| |4
(申し合わせで90分)

《戦況》
初回、先発まさき、先頭バッターを2ストライクと追いこみながらデッドボール。(今年よくみるパターン)
二盗三盗、その後ツーアウトまでこぎつけるものの、軟式特有の高く跳ねる不運な内野安打で先制を許す。
次打者にフォアボールを与え、ワイルドピッチ、レフト前にタイムリーを打たれ2点目。

その裏、ワンアウト3塁からそうた、快心の一撃はレフトへのホームラン(柵越え)
続くまさき、高~く上がった滞空時間の長い、田淵のような(子供達は知らんわな!?)二者連続ホームラン!で逆転。。

3回表、またまた先頭をフォアボールで歩かす。
初回の焼き直しのように、ツーアウト3塁からライト左にタイムリーを打たれ3-3同点。

5回からはたくろうにスイッチ。
一死後4番バッターを迎える。この子はまさきには全く合ってなく、ベンチで「たくろうには合っちゃうかもね」と話していたところ、案の定、右中間にホームランを浴び3-4と勝ち越しを許す。。

続く6回。ツーアウトからフォアボールでランナーを出し、盗塁、レフトオーバーのツーベースを打たれ3-5。

最終回の攻撃。
この回先頭のひでなりがレフト前ヒットで出塁。代走になおき。ワイルドピッチ・パスボールで3塁まで進む。
しかし、この絶好の場面で9番しゅんすけは見逃しの三振。
トップに返ってバッターゆうすけの時、またまたワイルドピッチ!3塁ランナーなおきが果敢にスタート!きわどいタイミングも一瞬足が先に入り、判定はセーフ!4-5。
仕切り直しの場面でゆうすけ。スリーボールツーストライクからの勝負球のど真ん中ストレートに手が出ず…見逃しの三振(- -;)でツーアウト。
途中から2番に入ったかずひろ、粘ってフォアボールを選ぶ。
ワイルドピッチ、相手守備の乱れに乗じ3塁まで進む。
ここで第1打席でホームランを放っているそうた。
舞台は整ったが、そうは簡単に問屋は卸してくれず。。フルスイングするも、キャッチャーの真上に上がったフライで万事休す。。

というわけで、リベンジとはいきませんでした(T-T)

次週はリベンジ第2弾、署長杯3回戦で苦杯を舐めさせられたポニーズと、ライオンズ杯で激突です!
[PR]
by in-verde | 2012-07-31 06:28

YCリーグ(予選)3連勝!

28日、YCリーグ(予選)。
VS メッツ。

A |0|0|1|2|0|2|0| |5
M|0|0|1|0|0|0|0| |1

《戦況》
初回・2回と満塁のチャンスをつくるもあと一本が出ず無得点。

3回表、ツーアウトから6番たくろうがライト線を破るツーベース。
続くよしのぶがレフト左を抜く連続ツーベースでたくろうが還り1点を先制!

その裏、相手チームの攻撃。
ノーアウト1・2塁から送りバント。
これが小フライとなり、(普通はランナーは戻るが2塁ランナーはそのままスタート!?)ファーストよしのぶがショートバウンドで捕球、2塁ランナーはスタートしていたので1塁に送球。更に、打球を見てスタートが遅れた1塁ランナー(これが普通)を2塁で刺しダブルプレー!
しかし、この送球の間に3塁に達していたセカンドランナーが本塁突入。ワンバウンドのバックホームがはねあがり、しゅんすけがキャッチ出来ず生還を許し同点。

直後の4回表、ワンアウト1・2塁から3番そうたがレフトオーバーのツーベースで、二者が還り3-1。

6回表、ワンアウトからゆうすけがレフト前ヒットで出塁。
続く2番ゆうとはセカンドゴロ進塁打。ツーアウト3塁となり、ここでもポイントゲッターそうたがレフトオーバーのスリーベースを放ち4-1。
4番まさきは、当たりは良くはなかったものの、力でライトオーバーのツーベース。そうたが還り5-1。

投げては、まさき(4回被安打2、4四死球、失点1)、たくろう(3回被安打1、無四球、失点0)のリレーで快勝!!

《戦評》
終わってみれば、危なげなく勝てましたが、初回・2回の満塁のチャンスで、いずれもクリーンナップが凡退し、得点出来なかったのはいただけません(- -;)
その後の打席で、そうた・まさき共に打点を挙げ帳尻はあわせていますが、序盤のチャンスをしっかりものにしておかなければ、流れを引き寄せることはなかなか難しくなってしまいます。。

今回は、相手に行きかけた流れを、8-6-5の中継プレーでの捕殺や6-5-4のダブルプレーなど、守備で流れを断ち切れたことが大きかったと言えるでしょう!

これでYC予選リーグ、3つ取ることが出来ました!残り4試合、全勝目指して参戦3年目で初の決勝トーナメント進出を勝ち取ろう!!
[PR]
by in-verde | 2012-07-30 06:12

久しぶりの塁審

28日AM、学童部夏季大会審判。

この日は午前中、夏季大会の3回戦の審判でした。。

今年の支部審判長が中学時代の1つ下の後輩ということもあり、最近は主審を任される機会が多く、また、チーム出し合いの試合でも、立場上なかなか審判をやる機会がなく、久々の塁審。(しかも、1塁塁審は学童部の試合ではおそらく初めて…)

いやぁ、なかなか難しかったっす!1塁塁審。。
自分なりにいくつか課題が在りますが、最大のミスがありました。(^_^;)

ノーアウト2・3塁。
セカンド塁審は外に出ている状態。この場合…
①ライト線を抜けた場合は打球を追う。
②左中間・右中間を抜けて2塁塁審が追った場合、バッターランナーを追うように走りセカンドでのプレーに備える。

ここまではシミュレーション出来てましたが、この場面でバッターが放った打球はセンターへのライナー性の当たり!

2塁塁審は打球の行方を確認の為セカンドベースに背を向ける。

センターがダイレクトでキャッチ!そして飛び出したセカンドランナーを刺そうとセカンドへ送球!

このプレーに対しては2塁塁審は背を向けてしまっている為にジャッジは出来ない!ので1塁塁審がジャッジしなくてはならないところ、虚をつかれた為、2塁に寄ることが出来ずボケっとしてしまいノージャッジとなってしまいました(*_*)

タイミング的に完全にセーフだった為、そのまま何事もなく流れましたが、もう少し微妙なタイミングだったら…

少年野球は外野までの距離も短い為、こういったプレーもまま起こります。。次の機会にはこういったこともしっかり想定しておかなくては(((^^;)
[PR]
by in-verde | 2012-07-28 18:49

夏合宿2日目

22日、夏合宿2日目。

朝、近くの海まで散歩。。
f0162954_15551055.jpg

f0162954_15553314.jpg

だいと(4年)とたかひろ(2年)が水没、まさたか(3年)が半水没というアクシデント(-_-;)

朝食後、グラウンドに移動し、この日は同じ宿に宿泊していた、越谷のイーストドラゴンズというチームと練習試合。。

D|1|0|0|0|0|0| |1
A|1|5|1|0|1|1| |9

今頃になって上り調子のまさきが好投で勝利させてもらいました。。

昼食後、コーチ陣のエキジビション、ゲームノックを行い、今回の夏合宿のスケジュールが終了。。

最後に、昨日のミーティングでの練習の成果を試すべく“栄冠は君に輝く”を斉唱して終わりました。。
(一部音程が怪しいところがあるものの、取り敢えず歌えました\(^^)/)

f0162954_1616335.jpg

2日間とも涼しい天候で、途中で具合の悪くなる子供もなく無事に日程を終えることが出来ました(^.^)
[PR]
by in-verde | 2012-07-22 15:51 | チームのこと

夏合宿1日目

21日、夏合宿1日目。

6:45集合。一同バスに乗り込み、一路茨城県波崎の“Resort in AONO ”へ!
1年生から6年生までの子供達、とにかく賑やか(^_^;)

10:00 目的地到着。(予定より大分遅れ気味!?)

10:30練習開始。アップ、キャッチボール、ベーランが終わって既に11:00を回ってしまい、当初のスケジュールを変更し、内外野に別れて1時間みっちりノック!!

昼食後、バッティング練習。3時間これもみっちり打ち込み!!
その後、投内連係。(相変わらずピッチャー前のボテボテが一番デンジャラス(-_-;))

するともう、宿舎に戻らなくてはならない時間になり、グラウンド整備をして初日の練習は終了。。

帰宿後、入浴と食事。
その後ミーティング。
八木監督からこれまでの戦い方に対する感想や問題点、今後の注意点等訓示。
後の内容は任されていたので、このチームの連帯感を高める為に、全員で歌を歌わせることに…
その曲目は《栄冠は君に輝く》そう、高校野球のテーマソングです!

歌詞をノートに書き写させ、youtubeから音楽を流し、一緒に歌わせると、さすがに子供だけあって覚えるのが早い(*_*)
5回位繰り返すとなんとか歌えるように…

というわけで、これからは練習の最後に、ホームベースに一列に整列し《栄冠は君に輝く》を歌い、グラウンドに挨拶をして終わるというスタイルにします(^-^)

早速、今日から実践!一晩寝ても子供達覚えてるかなぁ~(^_^;)
[PR]
by in-verde | 2012-07-22 05:19

三連球後半

16日、この三連球のメイン、YCリーグ、VS メッツ。

の予定でしたが……
時間になっても相手が来ず。。
確認してみると、連絡の行き違いで、相手は28日に予定しているとのこと。。

まぁ、人と人がやることなのでしょうがないです。。

で、午前に引き続き練習ということになったので、よしのり(次男坊)の試合(ルーキーリーグ最終戦)を観に行くことに(^-^)

中Gでは、ダボダボのユニフォームに身を包んだ1年生から3年生が、一生懸命にボールを追いかけていました(^_^;)

試合は12-11で我がチームが勝利しましたが、勝ち負けよりも、小さな子供達がいっちょ前に「バッチこぉ~い!!」と声を張り上げている姿は微笑ましい限りでした(⌒‐⌒)

想えば、今のAチームの子達も2年生位から見てますが、今ではずいぶん逞しくなり、いっぱしのプレーが出来るようになりましたもんねぇ。。

子供達のこの成長がみてとれるから少年野球はやめられないんでしょうねぇ~
[PR]
by in-verde | 2012-07-17 19:07 | チームのこと

三連球前半

14日、JSCリーグ戦。
VS ペガサス。

A|3|0|1|3| |7
P|5|1|2|X| |8
(4回時間切れ)

15日、JSCリーグ戦(Bチーム)
VS スワローズ。

S|2|0|1|0|0|1| | 4
A|3|0|3|0|0|5| |11
(6回コールド)

15日、OP戦。
VS バンデッツ。

A|2|2|0|0|1|6| |11
B|0|0|0|1|2|4| | 7
(6回時間切れ)


この試合の後、習志野台連盟春季大会閉会式。

式の前に子供達に一言!
「学童夏季大会であんな負け方をしたお前達は優勝旗を貰う資格なんかねぇ!代わりにCチームに貰ってもらえ」と(^_^;)

とはいえ、辞退できるはずもなく、ありがたく受け取ると、やはり子供達は嬉しそうでした(母達はもっと嬉しそう)。。

というわけで、8月4日5日に行われるライオンズ杯に出場することに…
この大会には、東部支部・北部支部のそれなりの強豪が集結するので、これまでにやられたチームに借りを返すいい機会です!
[PR]
by in-verde | 2012-07-17 06:19

やっちまった…

7日、学童夏季大会2回戦。
VS ドルフィンズ。

D|4|0|3|3|3|13
A|0|0|1|0|0| 1
(5回コールド)

立ち上がりから先発まさきが大乱調。この回、5つ目の四死球を与え2点を失ったところで早々と降板。たくろうに後を託す。
ワンアウト満塁からツーランスクイズを決められこの回4点を失う。。

その裏、先頭ゆうすけがフォアボールで出塁。バッターよしのぶの2球目、ベンチからのサインは盗塁。
しかし、ここでピッチャーからの牽制に逆をつかれてタッチアウト…

(この場面、この試合を決定づけるシーンでした。
4点は先制されたものの、まだ初回。この回に1点でも2点でも返しておけば、この後の展開はわからないものになったところ、チームのキャプテンであり、精神的支柱のゆうすけが、牽制死をするというプレーによってチーム内に動揺が広がってしまいました)

結局この回無得点。

その後も修正がきかず終わってみれば1-13。屈辱のコールドゲーム。


背番号1を背負ったエースが立ち上がりから大乱調では話しになりません。。
まさきの場合、調子の良し悪しは常々蓋を開けてみないとわからないタイプではありましたが、なにもこの大事な試合で最悪のピッチングをしなくても…
朝のブルペンではそんなに悪くなかったんですが、完全に調整の失敗です。。
この結果は、やはり指導者が甘受するしかないでしょうね。。
いずれにしても、投手陣の立て直しが必要です。。

今回の敗戦で、県大会出場の夢は絶たれましたが、残る秋季大会・YCの決勝トーナメント進出を目標に頑張りましょう。。。

それにしても、今週は辛い1週間になりました(T-T)
[PR]
by in-verde | 2012-07-09 06:37

執念のドロー、そして優勝!(習連)

1日、習連リーグ戦(最終戦)
VS スターズ。

ここまで3勝負けなしで迎えた最終戦。

追試のまさき、初回・2回と3人づつで抑える。

0-0で迎えた2回裏、先頭まさき、ともみの連打でノーアウト2・3塁のチャンスをつくる。
よしのぶは浅いレフトフライに倒れワンアウト。
続くたくろうがピッチャー前にスクイズ!
ピッチャーからバックホームされる。きわどいタイミングだったがまさきの足が一瞬早く入り、1点を先制!
更に続くチャンスはものにすることが出来ず2回を終わって1-0。

そして迎えた魔の3回。
先頭をフォアボールで出し、パスボール、送りバント、フォアボール、盗塁でワンアウト2・3塁。
ここで無駄なワイルドピッチ。呆気なく同点。
続くバッターのピッチャーゴロを内野安打にしてしまい、盗塁で再度ワンアウト2・3塁。
ここで相手はスクイズ!
ピッチャー前に転がったボールをまさきが更にハンブル。逆転を許しアウトも取れず。
そして、相手は連続スクイズ!3塁前に決められ1-3。

(このスクイズは見破っていて、ベンチからはウエストのサインを送っていたのですが…)

続く4番バッターをフォアボールで歩かせ、ツーアウトながらランナー2人を背負う。
次のバッター、1B1Sからカウントを稼ぎにいったスローボールが真ん中高めに入ってしまい、これがなんとセンターオーバーのランニングスリーランホームラン。。
この回、一挙に6点を奪われる。

直後の3回裏、ゆうすけから始まる好打順。
期待に応えて、左中間を破るツーベースで出塁。
りゅうと、最低限の仕事、ファーストゴロの間にゆうすけ3塁に進む。
続くそうたがセンター前タイムリーで1点を返し2-6。

4回は両チームとも無得点。
ここで、追試合格とはいかない結果でしたが、温情でまさきを早退させる。。

5回からかずひろを投入。
簡単にツーアウトを取ったものの、何故かここから突如乱れ、3連続フォアボールにワイルドピッチで1点を与える、完全な一人相撲。。

2-7で迎えた5回裏、先頭の8番ひでなりがレフト線を破るツーベース。
しゅんすけのライトゴロ!の間にひでなりが3塁へ。
ゆうすけフォアボールで2番りゅうとがスクイズを決め1点。
この時点でツーアウト3塁。
ここから3連続フォアボールで押し出し2点目。
続く6番よしのぶがファーストへのゴロ。これが難しいバウンドになり、ファーストが捕れずオールセーフで3点目。
たくろうがしぶとくセンター前にはじき返し4点。
打者一巡してひでなり。ここは惜しくも三振に倒れ、5回を終わって6-7。

6回からたくろうを投入。
しかし、先頭バッターをフォアボールで歩かせ、その後3塁まで進まれる。
ここで、バッターを三振に打ち取るものの、キャッチャーしゅんすけがダイレクトキャッチ出来ず、いわゆる振り逃げ。1塁に送球する間に3塁ランナーの生還を許し6-8。

時間的に最終回となる6回裏、先頭のしゅんすけが三遊間を破るヒットで出塁。
バッターゆうすけの時、キャッチャーからの1塁牽制。少し送球が逸れファーストが捕れず、しゅんすけは2塁へ。
ここでゆうすけが期待に応え、センター右にタイムリーヒット!!で7-8。
盗塁、ワンバウンド投球の間に3塁まで進む。
更にワイルドピッチでバックネットにボールが転がる間に本塁投入!きわどいタイミングも一瞬足が早く入り、判定はセーフ!!で、ついに同点!!
更にツーアウト3塁、ここで5番ともみ。フルスイングでとらえた打球は惜しくもショート正面のゴロでスリーアウト。

この時点で1時間45分を経過しており、習連の規程を電話で確認。「同点の場合は引き分け」ということで、試合終了。。

ちょっと締まらない終わり方でしたが、(ともみ!しっかり決めろ!!ちゅうねん(^.^))
この瞬間に3勝0敗1引き分けで我がチームの優勝が確定!!

S|0|0|6|0|1|1| |8
A|0|1|1|0|4|2| |8
(6回時間切れ引き分け)

《戦評》
この試合、最大5点のビハインドをよく追いつきました。確実に力はついてきていると実感します。

この習志野台連盟春季大会、小さなローカル大会とはいえ、学童春季大会準優勝、東警察署長杯優勝のワンパクズを破っての優勝は価値があります。。子供達は自信を持っていいでしょう。

とはいえ、指導する側は欲張りなもの。。まだまだ合格点を与える訳にはいきません!
とにかく、点の取られ方がいただけません。打たれて取られるのではなく、フォアボールやエラーで自滅してるのが常になってしまっています。
まぁ、学童野球はどこのチームもそこが課題だと思いますが、だからこそ、この課題さえ克服出来れば、少なくとも「負けづらい」チームが出来るわけです。。

学童夏季大会も開幕しました。修正すべき点は修正し、2回戦に臨みたいと思います。。

2回戦は日程が変更になり、7日(土)の第2試合です。。
相手は春季大会ベスト4のドルフィンズ。
[PR]
by in-verde | 2012-07-03 05:44

勝つには勝ったけど…(学童夏季大会)

1日、学童夏季大会1回戦。
VS ファルコンズ。

A|5|2|1|1|2|0| |11
F|1|3|1|0|0|0| | 5
(6回時間切れ)

《戦況》
1回表、相手エラーやフォアボール、フィールダースチョイスなどが絡み、1安打(これもエラーくさい)で5点をプレゼントされる(^_^;

この5点で安心したのか、まさき、立ち上がり先頭バッターにデッドボールを与えるなどピリッとせず、この回、3四死球に内野エラーで1点を献上し、なおもワンアウトフルベースのピンチ。
しかし、ここは2者連続三振と踏ん張り、5-1。

2回、そうたのタイムリーツーベース、まさきの内野ゴロの間に1点で7-1。

その裏、まだ不安定な状態のまさき。先頭をまたまたデッドボールで出し、一死後フォアボール。その後2・3塁となり、スクイズ。サードゆうすけがさばき一塁に送球するも、ファーストよしのぶも打球につられて出てきてしまい、ベースががら空き!ボールは転々とデッドラインを越え2塁ランナーまで還してしまい7-3。
ツーアウト後、連打にライト後逸のおまけまでつけて更に1点で7-4。

3回表、ノーアウト満塁と攻め立てるも、相手エラーによる1点止まりで8-3。

その裏、エラー2つで1点を与え8-4。

4回表、そうたのツーベースを足掛かりにともみの内野安打で1点追加。9-4。

4回裏、先頭をフォアボールで歩かせたところで、我慢の限界!たくろうにスイッチ。
次のバッターの時、しゅんすけが盗塁を刺し(この日2つ目)、後続も無難に抑え、この試合初めて0をスコアボードに刻む。

5回表、そうたのタイムリーツーベース(この試合4本目のツーベース)で2点を加え11-5。

5回・6回とたくろうが三者凡退に退け、時間切れ試合終了!

《戦評》
勝つには勝ったものの、内容がひどすぎました(- -;)
完全な負けパターンです。フォアボールにエラー、打っては6安打(その内4本がそうた)と打線も沈黙。。

とにかく、ピッチャーが不安定だと守りのリズムも悪くなる典型のようなゲームでした…

というわけで、この時点でまさきの「プロレス観戦」は保留(-_-)
この試合の後に予定されているスターズ戦(習連)で追試ということになりました。。
[PR]
by in-verde | 2012-07-02 06:44