ブログトップ

Let's enjoy baseball

inverde.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

怒涛のYC決勝進出!!

25日、鎌ヶ谷シニア杯
vs スラッガーズ

14-1で大勝!!

続いてYC決勝T準決勝
vs フロッグス

A|4|0|3|2|0|9
F|0|1|0|0|1|2
(5回コールド)

《戦況》
初回、トップバターのゆうすけが、しぶとくライト線に落ちるヒット(2塁打)で出塁。
ゆうとは送りバント。これが相手の連係ミスを誘い、ゆうすけがホームインで1点先制。ゆうとは一気に3塁へ。
3番そうたはサードゴロ。しかし、これも相手エラー(暴投)が出て2点目。
一死後、5番よしのぶが、いい当たりのファーストへのゴロ。これがバウンドが変わりヒットに。更にライト線を抜け、スリーベースに。。
6番ひでなりの時にスクイズ。3塁ランナーよしのぶはサインを見落としていたが、送球の間にホームイン。
この回、いきなりのビッグイニングで4-0。

先発はエースまさき。
この試合は立ち上がり先頭バッターをフォアボールで歩かせるなど、不安定な出来。。
キャッチャーよしのぶのセカンド牽制などで、初回はなんとか無失点で切り抜けるも2回裏、デッドボール・フォアボール・デッドボールで無死満塁のピンチを迎えると、たまらずともみにスイッチ。
続くバッターを浅いセンターフライに打ち取りワンアウト。
しかし、次のバッターにセンター前クリーンヒットを浴びる。が、センターひでなりがダッシュしてワンバウンドで捕球。そのままセカンドベースを踏み、1塁へ送球!8-8-3のダブルプレーかと思いきや、ファーストゆうとが1塁ベースを踏み切れず、1塁はセーフで1点を取られ4-1。

直後の3回表、よしのぶのライトオーバーツーベースを皮切りに、ひでなりライト前、たくろうセンター前で1点を追加。(セカンドランナーひでなりは本塁憤死)
更にまさきの投本間に上がったフライをキャッチャーがミットに当てるも捕れず1塁に生きる。
途中出場のかずひろはサードゴロ。しかしこれも相手エラーを誘い、この回2点目。
トップに返ってゆうすけ。ここでスクイズを決め、決定的な7点目。

更に4回表、先頭そうたがセンターオーバーのツーベースで出塁。4番ともみがセンター前タイムリーで8点目。尚も3塁まで進み、たくろうのセカンド内野安打で9点目。

投げては、2回途中から登板のともみが、毎回先頭バッターをフォアボールで出すヨレヨレのピッチングながらも、なんとか要所を抑え、3回4回を無失点に切り抜ける。

そして、5回からはたくろうが登板。
一死から内野安打・センター前・ライト前と連打を浴び1点献上。尚も2・3塁のピンチ。。ここでキャッチャーよしのぶが投球をハンブル(逆光でボールが見えなかったらしい・・・)。3塁ランナーがスタートを切るも、素早く処理したのを見て戻るが、よしのぶからの送球が一瞬早くタッチアウト。で、ツーアウト。
そして最後のバッターを見逃し三振に打ち取り、9-2で試合終了。。

《戦評》
相手はベストメンバーではなかったのか、初回、守備の乱れで得点させてもらい、その後の展開が楽になりました。。

打っても、よしのぶ・たくろう(2本)・ともみと4本のタイムリーに、ひでなり・ゆうすけのスクイズ2本と、効率のいい攻撃が出来、打つ方に関しては及第点が与えられる試合運びと言っていいでしょう。

しかし、投手陣はいまいちピリッとしませんね。。
先頭バッターを打ち取ったのは、たくろうが投げた5回の1イニングのみで、まさき・ともみは共に先頭バッターを四死球で出すというピッチング。相手に付け入る隙を与えすぎです。。
結果的にトータル2失点で抑えたとはいえ、あくまで結果論。強豪相手では通用しません!もう少し精度を上げていく練習が必要でしょう。。

さあ、何はともあれ、YCの決勝進出です。
昨年、FCC大会緒戦で破れ、10月にして全ての公式戦(学童部・東部支部・YC)が終わってしまった時に、当時の5年生(今の6年生)に、こう話しました。。

「我がチームは、もう公式戦が終わってしまったけど、ワンパクズなんかは県大会やら何やらで、“ガチ”の野球をまだまだやれてるんだぜ。お前たちも1年後、11月・12月まで“ガチ”の野球が出来るように今から頑張れ!」

本人たちは覚えているかどうかは知りませんが、本当に“ガチ”の野球を12月まで出来ることになろうとは・・・試合の結果ももちろんですが、これまで教えてきた事が出来るようになったこのチーム。子供達の成長は、この上ない喜びであります。。

泣いても笑っても最後の一戦!
参加64チームの頂点目指して頑張ろう!!
[PR]
by in-verde | 2012-11-27 12:16 | チームのこと

全員野球で教育リーグ優勝!!

24日、前日の雨で順延となり、変則5イニングで行われることになった教育リーグ準決勝
VS グリーンファイター

G|1|2|0|0|0|3
A|3|0|0|0|0|3

お互いタイムリーエラーで3点づつ。
5回で決着がつかなかった為、9人でジャンケン勝負に…
(5勝した方が勝ち)

たくろう○
しゅんすけ×
たいじ○
なおき×
ゆうと○
かずひろ○
はると○

この時点で勝利確定!!
決勝の為、高瀬Gに移動。。

教育リーグ決勝
VS ワンパクズ

W|0|0|0|0|0|0|0|0
A |0|1|0|0|3|2|X|6

《戦況》
先発はたくろう。順調な滑り出し。

試合が動いたのは2回裏。
フォアボールで出たともきが盗塁。
キャッチャーの送球が逸れセンターへ転々。カバーに入ったセンターが、なんとこれを後逸し、ともきが一気にホームイン!1点先制!!

好投のたくろう、4回を危なげなく投げ、5回からしゅんすけにスイッチ。
しゅんすけも流れを繋ぎ無失点。

その裏、はるとがヒットで出塁。たいじの送りバントが内野安打となり、チャンスを掴む。
しかし、後続が続かず二死1・2塁。
ここで、ゆうともボテボテのサードゴロ。チャンスも潰えたかと思った瞬間、これをサードが暴投。で1点追加。
続くたくろうも同じようにボテボテのサードゴロ。またしても暴投で更に2点で4-0。

直後の6回表、デッドボールとヒット2本で一死満塁のピンチを迎える。
しかし、ここからしゅんすけが踏ん張り、無失点に切り抜ける。

その裏、はるとのタイムリー、かずひろが押し出しのフォアボールを選び2点を追加6-0。

最終回はたくろうが再登板。二死からヒットを打たれるも、落ち着いたピッチングで最後のバッターを打ち取り試合終了!!

《戦評》
この試合、何と言っても、たくろう-しゅんすけ-たくろうの、力投完封リレーでしょう!

そして、これといったミスなく守ったところに勝機がありました。
(対して相手は、タイムリーエラーで4点)

それにしても、新人大会準優勝のグリーンファイター、優勝のワンパクズを撃破しての優勝です!!
(グリーンファイターには、ジャンケン勝利でしたが(^_^;))

打つ方では、だいぶ細かいことも出来るようになり、守りも固くなってきました。
普段指導者が言ってることが徐々に浸透してきているかなと、実感出来る展開でした。

今回、優勝したことにより、来年は各チームよりマークされるようになるでしょう。。
この冬、より一層の鍛練が必要です。みっともない試合は出来ませんからね…

さて、この優勝にあやかって、Aチームも明日のYC準決勝を勝ち抜き、決勝に駒を進めようじゃないか!!
[PR]
by in-verde | 2012-11-24 19:13

激勝でYCベスト4!!

18日、習連リーグ戦
VS ワンパクズ

W|0|2|2|0|0|1|1|6
A |0|1|0|0|0|0|0|1

春、ノーヒットに抑え込んだまさきは、支部対抗戦に出場の為不在。

先発はともみ。
しかしこれが大乱調。。3回1/3を6四死球(うち4つが死球)4失点(T-T)

打つ方も左ピッチャーに実質ノーヒットに抑え込まれ1点を取るのがやっと。。

試合後のミーティングで
---この試合、打席で差し込まれたり振り遅れたりしたと思った奴?

すると、出場全員が挙手。

---そう思ったんだったら、バットを短く持つとか工夫をせい!と指示。

気持ちを切り替えて午後のアタックス戦に臨むことを伝え、習連秋季大会は終了。


つづいてYC決勝T準々決勝
VS アタックス

AK|0|0|0|1|1|0|0|2
AT|0|0|0|0|0|1|0|1

《戦況》
先発まさき。先週の好調を維持して危なげない立ち上がり。

2回表、4番ともみがレフトオーバーツーベース。よしのぶがフォアボールで1・2塁。続くたくろうが送りバント。これが絶妙の位置に転がり内野安打。無死満塁の絶好のチャンスを作る。
しかし、7番ひでなりは浅いレフトフライ。まさき三振、りゅうとはサードゴロで三者残塁。。

(昨年の日本シリーズでの中日がそうだったように、実は満塁から点を取るのは難しいのです。イヤな予感はしてました…)

イヤなムードで攻守交替。が、ここでもまさきは崩れることなく、2回3回を三者凡退。

迎えた4回表、ヒットで出たたくろうを置き、まさきが左中間を深々と破るスリーベースで均衡を破る。
続くりゅうとも絶妙のセフティバントを決め1・3塁。
トップに返ってゆうすけ。しかしここで痛恨のスクイズサイン見逃し!三本間にまさきが挟まれタッチアウト。この回1点止まり。

その裏、この日最大のピンチを迎える。
3四死球で二死満塁。ここでカウント2-2になったところで、3塁ランナーが(カウントを間違えたのか)塁を離れる。即座に挟殺プレーでスリーアウト!ピンチを脱する。

直後の5回表、先頭のそうたがセンター前ヒット、盗塁、ともみの内野ゴロの間に3塁まで進み、バッターはよしのぶ。
3-2からの6球目をセンターに弾き返し、貴重な2点目。

5回裏からはともみが登板。
“コンニャク投法”で、相手打線を翻弄。
さすがに4番バッターには通用せず、センターオーバーのランニングホームランを浴びるも、2回を1失点に凌ぐ。。

そして最終回はまさきが再びマウンドに上がる。
先頭バッターをセンターフライ。続くバッターを三振。そして最後のバッターも三振に斬って取り、2-1で試合終了!!

《戦評》
試合前、誰を先発させるか!?
迷い所でしたが、監督決断でまさきに託すことに…

見事、期待に応えてくれました!!
いや、期待以上のピッチングでした。あの名門アタックスを向こうに回し、ノーヒットに抑えてきましたから…

また、こういった競った展開での継投も悩み所でした。。
ちょっと前までなら、迷いなくともみだったんですが、午前中のヨレヨレのピッチングを目の当たりにしているだけに…

しかし、ここも監督決断でともみで行くことに!

そこで、ともみに声掛けを。。
「いいか、お前の“コンニャク投法”で、とにかくストライクを投げろ。そして、お前は2イニング投げればいいから!」

ともみは「“コンニャク投法”?」と苦笑いしてましたが…

とにかく、まさきの快速球の後にともみの遅球で、まんまと作戦通りに凡打の山を築かせることが出来ました。。

打つ方では、1打席目のチャンスで三振を喫した“8番”のまさきが、目の覚めるような左中間への当たりで先制。
2点目は、よしのぶのタイムリーでしたが、この試合では午前中の反省を活かし、追い込まれてからはバットを短く持って対応していました。

この試合、長短織り交ぜ8安打を放った子供達。
よくぞやってくれました!!

これでBEST4に一番名乗りを上げました!
準決勝は25日PMの予定です。。

と、その前に!23日はBチームが、教育リーグ準決勝VSグリーンファイターです。。
秋の新人大会ファイナリスト相手に、是が非でも勝って、手ぶらではない支部閉会式にしよう!!
[PR]
by in-verde | 2012-11-19 06:24

相棒

唐突ですが、自分のノックバットです。。

f0162954_058462.jpg


かれこれ使いはじめて3年位になるでしょうか!?
いつもミートする場所だけ塗装が剥げてていい感じです。。

ところが!先日の試合と試合の合間に、6年生に硬球でノックしてたら…無残にも…

f0162954_155867.jpg


真っ二つに折れちゃいました(T-T)

野球の時は常に手元にあった、愛着の一品だったのに……

折れてしまったものは、どうすることもできない。。(記念にとっておきますけど…)ので、新たな相棒を入手しました!!

f0162954_1133025.jpg


今回も“TAMAZAWA”製です。。

さてさて、この新たな相棒は、どんなドラマをもたらせてくれるのでしょうか??

乞うご期待!!
[PR]
by in-verde | 2012-11-18 00:56 | 独り言

B戦も連勝!

11日、引き続き行われた(B)OP戦
VS 東南クラブ

A|0|0|2|2|3|2|0|9
T|1|0|0|0|1|0|1|3

《戦況》
初回、一死3塁のチャンスを作るも、3番かずひろ4番たくろうが、相次いで内野フライを打ち上げ無得点。

先発はなおき。
1回の裏、まずい投内連係から1点を先制される。

3回表、たいじフォアボール、盗塁、なおきサード強襲ヒット、盗塁で無死2・3塁のチャンス。
ここで、トップに返ってゆうとがライトへタイムリーで同点。
更にワイルドピッチで2-1と逆転。

4回には、しゅんすけを塁に置き、はるとがセンターへスリーベースを放ち、追加点。
こうへいもヒットで続き、この回2点で4-1。

更に5回、しゅんすけのタイムリー、ワイルドピッチ、内野ゴロの間で3点を追加7-1。

その裏からは、4年生のだいとが登板。1点は失ったものの、まずまずのピッチング。

6回にも相手エラーやワイルドピッチで2点を追加9-2。

その裏からたくろうがマウンドに上がるも、調子はいまいち。。フォアボールやデッドボールでランナーを溜め、アップアップしていたが、4-6-3のダブルプレーなど、バックがもりたて、なんとか踏ん張り2イニングを1点に抑え、9-3で試合終了。。

《戦評》
投手成績
なおき 4回被安打2与四球2失点1
だいと 1回被安打1与四球2失点1
たくろう 2回被安打2与四死球4失点1

なおきは先日のイースト戦に続き安定したピッチングを展開しました。現在、株が急上昇中です。

だいとは、初めて16mでの投球にしては、なかなかの出来だったと思います。

たくろうは、この日不調でした。。
まあ、こういう日もあります。ちょっと、「俺がやらなきゃ」と気負い過ぎているきらいがあるように感じます。

打撃成績
ゆうと・かずひろ・しゅんすけ・はると・こうへい・なおき・たつやがそれぞれ1本づつヒットを放ちました。

Aチームで控えに甘んじていたメンバーと4年生が、活躍した試合でした。。
もうすぐ新チームに切り替わる時期です。更なる頑張りを期待します。
[PR]
by in-verde | 2012-11-15 06:22

快投まさき!!

11日、OP戦
VS 東南クラブ

A|1|0|1|2|0|0|0|4
T|0|1|0|0|0|0|1|2

《戦況》
1回表、一死1・2塁から、4番ともみがタイムリーで1点を先制。

この日、先発はりゅうと。
2回にアンラッキーなヒット(タイムリー)で1点を返され1-1の同点。

直後の3回表、先頭のゆうとがデッドボールで出塁。
盗塁の後、内野ゴロ2本でホームを踏み2-1と勝ち越し。

更に4回表、内野安打で出塁のひでなりを置き、8番に入るまさきが久々の快音!レフトオーバーのスリーベースで3-1。
続くりゅうとは、セフティスクイズで4-1。

そして、その裏からは、まさきが登板。
先日急逝した爺さんが乗り移ったのか!?ここ最近にはない“快刀乱麻”のピッチング!
なんと3イニング打者9人に対し、7奪三振27球で片付ける。
(キャッチャーのよしのぶ、受ける手が痛くて、急きょしゅんすけに手袋を借りるほど…)

その後、両チーム無得点のまま迎えた最終回は、ともみを投入。
しかしこれがピリッとせず、2四死球に内野安打で二死満塁のピンチを演出。
ここで押し出しのフォアボールを与え、4-2と2点差。。一打同点あるいはサヨナラのピンチを迎えるが、なんとか最後のバッターを三振に打ち取りゲームセット!!

《戦評》
この日もタイムリー2本に内野ゴロの間の得点、セフティスクイズと、バリエーションに富んだ攻撃を展開してくれました(^_^)
しかし!相変わらず打線は湿ってますねぇ…合計で4安打ですから。。

投げては、先日の紅白戦で頭角を現した先発のりゅうと。
3イニングを3安打無四球1失点の好投。
特筆すべきは“無四球”です!
これまで枚挙に暇がないほどフォアボールに泣かされてきましたから…
コントロールのいいりゅうとは見ていて安心できます。。
今年、ソフトバンクにドラフト1位指名された亜細亜大の東浜が目指す「10安打完封」のピッチングスタイルを目標に励んでもらいたいものです。。

しかし、そんなりゅうとの好投が霞んでしまうくらい、驚愕のピッチングを披露したのがまさきでした。

“昭和投法”を封印し、セットポジションからの投球で、前述したように9つのアウトのうち7つを三振で奪うという離れ業。

時折こういった風に狂ったようにいいピッチングをする時があるんです。
それで「これはいける!」と期待して次も送り込むと、一人相撲で自滅。。奈落の底に突き落とされるというパターンを幾度となく味わされてきました(T-T)ので、確認の意味で
投げ終えたまさきに聞いてみました。

---どうした?今日は。なんか掴んだ感じか?

「いや別に…」

---たまたまか?

「はい。そうです」

---ボールの機嫌がよかっただけか?

「はい」

---次はまたフォアボールとかデッドボール出すのかなぁ?

「はい。多分」

---ボールに聞いてみないとわからんか?

「はい」

---次も投げたいか?

(乗り気なく)「はい」

と、まあ、こんな感じです。。

やっぱりまだ信用はできねえ!!
[PR]
by in-verde | 2012-11-12 19:05

I t's a small baseball !!

10日、OP戦
VS エイトマン

E|0|0|0|0|1|0|0|1
A|0|0|0|2|0|2|X|4

《戦況》
先発ともみ、相手のピッチャー共に軟投派で、打たせて取る投手戦。

均衡を破ったのは4回裏。
先頭のゆうとが相手エラーで出塁。
続く3番そうたとの間でエンドラン的中で無死2・3塁。
4番ともみ、3-2から“タタキ”のサイン。
しかし、ワンバウンドするボールで、ともみは見逃すしかなく(フォアボール)、本塁突入のゆうとが憤死。。
その後、盗塁で一死2・3塁から、たくろうがスクイズで1点先制。
更にワイルドピッチで2点目。

5回に1点を返され2-1。

そして6回裏、四死球で一死2・3塁のチャンスをもらい、たくろうが今度は“タタキ”。
ピッチャーが1塁送球の間に、2塁ランナーそうたまで(暴走気味でしたが…)生還し4-1。

最終回、(6回から登板の)たくろうが締めて試合終了。。

《戦評》
この試合、放ったヒットは2本(相手は5本)。。
少ないチャンスを小技で活かし、ものにしたゲームでした。。
まさに“small baseball ”!!

やっとここにきて、これまでの練習の成果を出せるようになってきたという感じです(遅いっちゅーねん!!)

一応相手はFCC決勝進出チームですから、もしかしたら行けてたかも…

いや、“タラレバ”の話は止めときましょう…
[PR]
by in-verde | 2012-11-10 20:55

雪辱晴らす!

4日、習連秋季大会
VS スターズ

S|3|0|0|0|0|0|3
A|3|2|1|2|0|X|8
(6回時間切れ)

《戦況》
先発ともみ。
初回、3本のヒットを集中され、いきなり3点を先制される。

その裏、ツーアウトで3塁にゆうすけを置き、4番ともみがセンター前タイムリーで1点を返す。
続くよしのぶがライトオーバーのランニングホームランを放ち同点。

2回以降、ともみが立ち直り、無失点に抑える好投。

2回裏、一死2・3塁から2番ゆうとが頭のはるか上に来たボールを、バットを縦にして当てる曲芸的スクイズで1点を勝ち越し。
続くそうたがセンターオーバーのツーベースを放ち5-3と突き放す。

3回、先頭のよしのぶがヒットで出塁し、エンドラン・盗塁・内野ゴロ(タタキ)で、しぶとく1点を追加6-3。

4回、先頭のかずひろがレフトオーバーのツーベースで出塁。
トップに返ってゆうすけが、自分も生きる絶妙なセフティバント。
更に、ゆうとがフォアボールを選び無死満塁。
ここでそうたが、この日2本目のタイムリー!二者が還り8-3。
尚も無死1・2塁と攻め立てるも、ここは後続が続かず、この回2点止まり。

6回からたくろうが登板。
しかし、フォアボール2つとヒットで、無死満塁のピンチを迎える。
ここで相手バッターは、三塁ベース寄りのゴロ。
サードゆうすけがこれを逆シングルで捕球。ベースを踏んでバックホーム!キャッチャーよしのぶのタッチが間一髪間に合い、ダブルプレー!!
そして、最後のバッターをライトフライに打ち取りゲームセット。

《戦評》
前日の練習で、日本シリーズ第3戦で活躍した、日本ハムの稲葉に倣い、(少々厳しいコースでも)ファーストストライクから積極的にバットを振って行く事を指示。
それが実践出来たゲームでした。

どうもこの所、バッターボックスで消極的になり、簡単に追い込まれて打たされるというパターンが目についていた為の指示でした。

やはり、積極的にバットを振って行くと、自然とモチベーションが上がり好結果に繋がります。
この試合では合計9安打。うち4本がタイムリーと、ここ最近のタイムリー欠乏症がウソのように、ここぞという場面で打ってくれました。

更に、スクイズやタタキといった小技も絡めて得点出来た事は大きな成果だったと思います。。

投げては、初回こそ集中打を浴びたともみでしたが、終わってみれば5回を4安打(2回以降は1安打ピッチング)2四死球で3点に抑える好投を見せてくれました。

(この2四死球はいずれも、点を取った直後の相手先頭バッターに与えているので、そこは注文がつくところではありますが…)

やはり、フォアボールを出さないということが如何に大事かを、改めて再認識した展開でした。

これで習連秋季大会も3連勝!残すワンパクズ戦にも、いい試合をして、春に引き続き連覇といきたいものです。。

次週は、FCC大会決勝進出のエイトマンと練習試合です。
5月の練習試合の際には完敗している相手なので、仮想YC決勝T準々決勝としては最適なカードではないでしょうか!?
[PR]
by in-verde | 2012-11-05 11:23

突然の訃報に接して

11月2日、まさきの爺さん(敢えて爺さんと呼ばせてもらいます)が逝ってしまった。。
ついこの間まで孫の姿を見に、グラウンドまで足蹴く通って来てたのに…

グラウンドに来ると、孫の将来に期待し、「バンバン走らせて下さいよ」などと、よく話をしたりもした。
今年になって息子の“いくお”(まさきの叔父)がコーチとして手伝ってくれているが、「俺が若かったらコーチとしてやりたいんだけど、歳も歳だから、途中でぶっ倒れたりしたら迷惑がかかるから倅に手伝わせるよ」と言って送り込んでくれた。。

本当に孫の野球を観るのが好きで、試合といえば必ず、練習の時もよくグラウンドに来ていた。
時々は、車の中で競馬新聞片手に、ラジオで競馬の実況を聞いていたりもした。。
70を過ぎているにもかかわらず、煙草も吸うし、ゴルフに行ったりもする、俳優の中村敦夫(木枯らし紋次郎)にちょっと似た粋な爺さんだった…
正直、自分も歳をとったら、あんな爺さんになりたいと思っていた。。

しかし、あまりにも呆気なく天に召されてしまった…

神様、あんまりじゃないか!?
せめてあと6年待ってくれてもよかったじゃないか!!
そうすれば、孫が高校野球に打ち込む姿を目にすることも出来ただろうに…まだ学童野球も終わっちゃいねーよ!!

そんな無念な想いを忖度すると泣けてきてしょうがない…

衷心より哀悼の意を込め、ご冥福をお祈りします。。
[PR]
by in-verde | 2012-11-03 01:09