ブログトップ

Let's enjoy baseball

inverde.exblog.jp

激勝でYCベスト4!!

18日、習連リーグ戦
VS ワンパクズ

W|0|2|2|0|0|1|1|6
A |0|1|0|0|0|0|0|1

春、ノーヒットに抑え込んだまさきは、支部対抗戦に出場の為不在。

先発はともみ。
しかしこれが大乱調。。3回1/3を6四死球(うち4つが死球)4失点(T-T)

打つ方も左ピッチャーに実質ノーヒットに抑え込まれ1点を取るのがやっと。。

試合後のミーティングで
---この試合、打席で差し込まれたり振り遅れたりしたと思った奴?

すると、出場全員が挙手。

---そう思ったんだったら、バットを短く持つとか工夫をせい!と指示。

気持ちを切り替えて午後のアタックス戦に臨むことを伝え、習連秋季大会は終了。


つづいてYC決勝T準々決勝
VS アタックス

AK|0|0|0|1|1|0|0|2
AT|0|0|0|0|0|1|0|1

《戦況》
先発まさき。先週の好調を維持して危なげない立ち上がり。

2回表、4番ともみがレフトオーバーツーベース。よしのぶがフォアボールで1・2塁。続くたくろうが送りバント。これが絶妙の位置に転がり内野安打。無死満塁の絶好のチャンスを作る。
しかし、7番ひでなりは浅いレフトフライ。まさき三振、りゅうとはサードゴロで三者残塁。。

(昨年の日本シリーズでの中日がそうだったように、実は満塁から点を取るのは難しいのです。イヤな予感はしてました…)

イヤなムードで攻守交替。が、ここでもまさきは崩れることなく、2回3回を三者凡退。

迎えた4回表、ヒットで出たたくろうを置き、まさきが左中間を深々と破るスリーベースで均衡を破る。
続くりゅうとも絶妙のセフティバントを決め1・3塁。
トップに返ってゆうすけ。しかしここで痛恨のスクイズサイン見逃し!三本間にまさきが挟まれタッチアウト。この回1点止まり。

その裏、この日最大のピンチを迎える。
3四死球で二死満塁。ここでカウント2-2になったところで、3塁ランナーが(カウントを間違えたのか)塁を離れる。即座に挟殺プレーでスリーアウト!ピンチを脱する。

直後の5回表、先頭のそうたがセンター前ヒット、盗塁、ともみの内野ゴロの間に3塁まで進み、バッターはよしのぶ。
3-2からの6球目をセンターに弾き返し、貴重な2点目。

5回裏からはともみが登板。
“コンニャク投法”で、相手打線を翻弄。
さすがに4番バッターには通用せず、センターオーバーのランニングホームランを浴びるも、2回を1失点に凌ぐ。。

そして最終回はまさきが再びマウンドに上がる。
先頭バッターをセンターフライ。続くバッターを三振。そして最後のバッターも三振に斬って取り、2-1で試合終了!!

《戦評》
試合前、誰を先発させるか!?
迷い所でしたが、監督決断でまさきに託すことに…

見事、期待に応えてくれました!!
いや、期待以上のピッチングでした。あの名門アタックスを向こうに回し、ノーヒットに抑えてきましたから…

また、こういった競った展開での継投も悩み所でした。。
ちょっと前までなら、迷いなくともみだったんですが、午前中のヨレヨレのピッチングを目の当たりにしているだけに…

しかし、ここも監督決断でともみで行くことに!

そこで、ともみに声掛けを。。
「いいか、お前の“コンニャク投法”で、とにかくストライクを投げろ。そして、お前は2イニング投げればいいから!」

ともみは「“コンニャク投法”?」と苦笑いしてましたが…

とにかく、まさきの快速球の後にともみの遅球で、まんまと作戦通りに凡打の山を築かせることが出来ました。。

打つ方では、1打席目のチャンスで三振を喫した“8番”のまさきが、目の覚めるような左中間への当たりで先制。
2点目は、よしのぶのタイムリーでしたが、この試合では午前中の反省を活かし、追い込まれてからはバットを短く持って対応していました。

この試合、長短織り交ぜ8安打を放った子供達。
よくぞやってくれました!!

これでBEST4に一番名乗りを上げました!
準決勝は25日PMの予定です。。

と、その前に!23日はBチームが、教育リーグ準決勝VSグリーンファイターです。。
秋の新人大会ファイナリスト相手に、是が非でも勝って、手ぶらではない支部閉会式にしよう!!
[PR]
by in-verde | 2012-11-19 06:24
<< 全員野球で教育リーグ優勝!! 相棒 >>